花

内装解体で次に渡す

木造建築

建物を解体する解体工事には様々な種類があります。建物の状況や次の土地活用法によって、解体作業や解体後の土地の仕上げが変わってくるのです。
解体工事の中でも、ビルなど商業施設として使われている建物でよく行われるのが内装解体です。
住宅全体を取り壊すのではなく、住宅の内装部分のみを綺麗にする解体工事です。
次にビルに入居する企業やお店が、建物の内装などを一新して新しく使えるようにするもので、内装解体によってまっさらになった住居を次の店舗などに貸し出すことをスケルトン渡しと言います。
基本的には、建物構造だけを残して、他の壁や床、天井などは全て入居時の状態まで戻します。壁紙なども全て取り去り、コンクリートがむき出しの状態まで戻すのが一般的です。
キッチンやトイレ、エアコン等を全て撤去することで、次の入居者が自由に部屋の内装を作り変えることが出来るのです。

スケルトン渡しのメリットとしては、次に入居する企業や店舗が、内装を新しく作り変えることが出来る点です。次に貸し出す際、非常に汎用性が高くなるのです。
また、入居時の設備は次の業者が負担することになるので、万が一設備に関して不具合が発生しても、貸主とのトラブルが発生しづらいことも大きなメリットの一つです。
このように、入居していたビルを退去する際に内装の解体工事が行われることには、明確な理由があるのです。
新たに建物を借りる際も、スケルトン渡しに注目して借りてみることで新しい住宅選びが出来るでしょう。

Copyright(c) 2015 解体工事で住宅を全く新しく生まれ変わらせる. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com